雑談

ありがたいことに、こんな更新頻度の少ないブログでも、ちらほら見に来てくれる方がいらっしゃいます。
正確に誰がという情報までは得てはいませんが、ご高覧頂けることは嬉しい限りです。

そして長くやっていると、例えばこのブログで取り上げた題材や言葉を追いかけるように使われる、といったような事例も出てきます。

ここに関しては、最初は心地よくはありませんでしたが、最近はむしろ良いなと思っています。というのも、超越的にいえば、世の中を良くしようと思ったら僕一人ではできない訳で、確実に誰かと協力する必要があるから。

だからこそ、真似をして頂いて、僕の思想なり言葉なりが広まるのであれば、それは本望だなと。

 

本業のプロダクトデザインでいうと、あるメーカーのデザイナーに自分の気に入っている仕上げを教えたら、そっくりそのままの仕上げの製品が後日出た、ということもありました。

これについても、大袈裟にいえばデザイン監修とも捉えることができる訳で、間接的に世の中を美しくすることができたと思えるようになりました。

もちろん、金銭的なやりとりはそこにはありませんが、本当に大切なことはこの辺りにあると、今は確信しています。