着物和服呉服

着物 和服 呉服

ちょっとしたマメ知識。
この衣服は、果たして着物なのか和服なのか呉服なのか。

着物和服呉服
着物?和服?呉服?

 

答えは・・・
 

着物和服呉服
=着物=和服≒呉服

答え:着物であり和服でもあるが呉服とは限らない。
 
 

『呉服』について

この言葉は、呉織(くれはおり)という絹の織り方が伝わったことに由来します。生地を織る技術自体は縄文時代から日本大陸に在りましたが、絹織物の技術は呉(ご)というかつて中国大陸に存在した国より伝来したといわれ、転じて絹織物によって生まれた衣服を呉織による服として『呉服(ごふく)』と呼ぶようになりました。情報ソースとして適切か定かではありませんが、魏志倭人伝(ぎしわじんでん)によれば3世紀末までには桑と蚕を育て糸を紡いで上質の絹織物をつくっていたとされています。
そのため、素材が絹である場合、その衣服は呉服であるといえます。
※呉(ご)の国の服という解釈は誤解で、袂(たもと)が長く四角いのは日本の衣服独自の特徴です。
 

『和服』について

この言葉は、洋服が日本に伝わったことによって生まれたレトロニムで、洋服に対して日本固有の衣服を示すために生まれました。和菓子や和紙などの和○○はその仲間。「和」と聞いたときに江戸を思い浮かべるのは、明治時代に和○○はこうだ、と再定義したことが影響しています。
しかしながら、この再定義が今日の日本文化にとっては良くない影響を与えています。
(後述)
 

『着物』について

この言葉は、日本人の衣服を表しています。つまり、概念としては日本人の着ている衣服はすべて「着物」です。着物とは本来「着る物」のことを指しているからです。ただし今の感覚では、およそ「和服」を指す言葉として用いられています。
「kimono」が世界語になりつつあるため、日本の衣服を強調する場合、現在は「和服」より「着物」の方が良い風潮があります。
 
 
 

和とは何かと少し重複しますが、定義付けてしまったことが、今日の着物(和服)離れの要因であることは断言できます。

例えば和服の下着である襦袢(じゅばん)は、16世紀頃に南蛮人によってもたらされた衣服を日本なりに吸収した衣服であり、もっと辿れば隋(ずい)に習い冠位十二階制定をした後、飛鳥、奈良、平安にかけて袂や裾が豊潤で独特な美意識を有した日本の衣服を生み出しています。
つまり、今まではいつの時代も様々な文化や思想を吸収し、日本に融和し昇華してきました。定義がなかったからこそ、柔軟に和えることができたといえます。

「和の衣」というブランドを手掛けているのは、本来の日本の衣服を現今に生み出すという側面もあります。
 
 
 
着物(和服)に限らず、多くの伝統文化の継承が上手くいっていないのは明治の再定義によるところが大きい。これらをなんとかしたいという想いがある。
 
 

今の目標は「うるわしき日本の体現」
祭事だけではなくて、日常生活をもうるわしく。